株式会社富士産業では、アルミ、ステンレス、真鍮、銅、鉛の非鉄金属、切板販売をしている金属問屋です。金属のことならなんでもお問い合せください。また、金属問屋という特性、あらゆる金属加工業種の方とのお付き合いをさせて頂いており、さまざまな金属加工をサポート致します。短納期、品質、多品種、小ロット、対応します。ステンレス、アルミ、真鍮、銅、鉛、鉄、切板販売。丸パイプ、角パイプ、丸棒、アングル、フラットバー、H鋼、線材、鋼材販売など。板金加工、プレス加工、レーザー加工、ラミネート加工、ベンダー加工、曲げ、ヘラ絞り、溶接、タレパン、切削、旋盤、フライス、マシニング、センタレス、メッキ、塗装、サンドブラスト、ワイヤーカット、アルマイト、ロー付け、バネ加工、ホーニング、などなどありとあらゆる加工も致します。金属のことならなんなりとお申し付け下さい。小口での販売も致しております。

シャーリングとは

シャーリングとは?  

  • シャーリングとは金属板を必要な寸法に切りだすことを
    シャーリング(せん断)加工といいます。
  • シャーリングは、紙をハサミで切る原理と同じです。
    上下ある刃(上刃、下刃)の間に材料を差し込んで、上の刃に圧力を加えて切断する構造です。
  • 精度のいいシャーリングとは、バリ(かえり)や、だれ(反り)を極力抑えた切断面と、直線に平行度の正しい形状を出せるのが、精度のいいシャーリングといいます。
    精度の高い切断を実現するには、クリアランス(上刃と下刃のすき間)を調整しなければなりません。
  • 紙をハサミで切る時のように、刃のすき間が広すぎても、狭すぎても上手く切れません、シャーリングもこれと同様です。
    クリアランスが広いとバリ(かえり)や、だれ(反り)が大きくなり、狭いと断面が荒れます。
    シャーリング工程

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional